1日の放屁の回数が多い人について

世の中には1日の放屁の回数が異常なくらいに多い人というのが沢山存在していますが、そのような1日の放屁の回数が異常に多い人は実は多くの悩みを抱えているというケースが非常に多いのです。
放屁というのは世間一般的にはあまり人前でしていいものだとは思われていません。
もちろんどれだけ普段の生活の中で注意をしていても、不注意で突然音を出しながら放屁をしてしまうということはありますが、その場合でも放屁してしまった人は周囲に対して謝る等をしなければ失礼に当たると、少なくとも日本社会では考えられています。

1日の放屁の回数が多い人は、そもそも放屁を我慢するという意思を持っていないことが多いです。
それは何故なのかと言えば、おならを我慢するというのは非常に健康にとって悪いものであるということを何よりも本人が知っている為、いくら回数が多くても我慢をしてしまおうとまでは思いません。
その代わりにいわゆるすかしっ屁という技術を使っておならの音を発生させないようにしてごまかしているのです。
すかしっ屁は慣れない人間がやると非常に難しい為、失敗してしまって音を立ててしまうこともあります。
なので出来れば自宅で一人でいる時等に上手にすかしっ屁をすることができるように普段から練習をしておくのが望ましいと言えるでしょう。
一般的にすかしをするにはお尻を浮かせながらするのでなければ難しいのですが、わざとらしくお尻を浮かせる動作をしてしまった場合、その動きの不自然さからすかしっ屁をするつもりであるのだということが周囲の人にばれてしまう可能性も十分にあります。
なので熟練した技術を要するので、慣れない時はやはりトイレにいって放屁をしたらいいのです。