ゼニカルを使っている時は放屁に注意

ゼニカルを使用すると、食べた脂肪分の30%が体に吸収されずに、体外に排泄されます。そういう薬理作用の薬なのですが、そのために未消化の油がそのままお尻から出てきてしまうという問題点があります。
「ゼニカルを服用したら放屁が増えた」と言われることがあります。ゼニカルは薬で強制的に消化不良の状態をつくるので、腸の調子が悪くなってガスが多くなる可能性もあります。さらに注意なのは、放屁と一緒に油が出てきてしまうことです。放屁の勢いで、無意識に油がお尻から出て、下着を汚してしまうのです。
家の中であればすぐに下着を交換出来ますが、外出先でこうなるとかなり困ったことになります。しかも、お尻から出た油の臭いはかなり強烈です。すぐにトイレに駆け込めるような状態であっても、下着を汚してしまったり、周りに勘付かれてしまう恐れがあります。
そういう薬だからしょうがないとはいえ、下着を汚してしまうのは問題です。女性ならば生理に使うナプキンを使うという方法もあります。もしくは、簡易的なオムツのようなものをあてがうのも良いかもしれません。
ゼニカルを使っている時には、替えの下着を何枚か用意しておくと安心でしょう。
注意していても、無意識に油がお尻から出てしまうこともありますので、なんらかの対策は必要でしょう。
外出先では使用を控えて家限定で使ったり、脂肪分の多い食事を摂る時だけに限定して使えば、外出先での失敗は防げます。
また、排泄の時の注意点として、放屁と一緒に排泄物が飛び散って便器を汚してしまうことがあります。なるべく汚さないように、最初にトイレットペーパーをまわりに被せてカバーしておくなど、配慮しておくと良いです。